あなたの『コリや痛み』を楽にしてみませんか!を、キャッチフレーズに最初くりはら鍼灸整骨院として、大阪の住之江区に開院して以来、今日まで頑張って来ました。

それでも、なかなか取れない痛みがありました。特に、年配の方の膝痛、成長期の子供達のオスグッドは、なかなか痛みが取れませんでした。
そんなある日、1通のダイレクトメール、それが、無痛ゆらし療法(PST)との出会いでした。

膝痛が回復するなら、そう、思い、一度、経験と好奇心もかねて、セミナーに参加してみたのです。

でも、セミナーを受けてから、最初はこの手法を手技の一部として、半信半疑でやっていたのですが、ある時、決定的な出来事があったのです。

8月の暑い日でした。1人の年配の女性が、「膝が痛くて歩けない。家に帰れないからどうにかしてほしい。」と私の整骨院に入って来たのです。
話を聞きますと、他の整骨院で膝の痛いところをギュウギュウもまれてかえって動けなくなったと言うことでした。マッサージをして悪くなったわけですから、もう、マッサージをするわけにも、鍼を打つわけにもいかず、どうしようかと焦りました。

その時、セミナーで、膝痛の施術を教わっておりましたので、1回試してみることにしました。すると、完全ではないものの、歩いて帰れるまでに回復したんです。

翌日、「昨日は、どうしようかと思ったけれど、おかげで帰れました!」と当院に来てくれました。結局、残りの痛みも4回ぐらいで治ってしまいました。この出来事以来、半信半疑だったのが、「これは、大丈夫!」確信を持つようになりました。

今は、この無痛ゆらし療法(PST)を手技の一環として採用しております。
そうして、鍼灸整骨院からは離れました。

真の施術者として、立ち上がる決意をして、長居療法院なごみを開院したのです。

さまざまな痛みや痺れでお困りの方、交通事故の後遺症などでお困りの方・・・。リラクゼーションが目的でなく、本当に痛みを解消したいと言う方は、是非一度、当院で無痛ゆらし療法(PST)の施術を受けて見てください。

痛みで苦しんでいる人に、
諦めないことです。
勇気を持って健康を信じましょう。
そして、頑張るのです。
どんな痛みであっても、いつか、必ず取れると、
それを貫いた人が、元気を取り戻せるのです。


無痛ゆらし療法と
長居療法院なごみがその手助けとなります。


わたしの崇拝する偉人 発明家 トーマス・エジソン
そのトーマス、エジソンの名言を4つ掲載します。
発明を痛みに置き換えました。

★一番いけないのは、諦めること。
わたしは、痛みが取れるまで決して諦めない。

★痛みを取るために何度もチャレンジしてみることだ。
痛みを取るさらに良い方法があるはずだ。それは、必ず見つかかる。

★僅か1パーセントのインスピレーションから、99パーセントの努力を苦なくさせることが出来る。

★痛みと言う自然界の秘密を解き明かすのに、人間の理性に頼っていてはダメだ。大事なことは、頭の中に巣くっている常識という理性、一度まるごと捨て去ることだ。