いつから、どのような状態でしたか?

 2年ぐらい前から、ずっと腰に痛みを感じました。原因は、長年、仕事の関係で、屈んだ状態での不自然な姿勢で仕事をしておりましたので、それが、積もり積もって、限界を超えて抑えることが出来なくなり痛みが出現したのだと思います。とにかく、動くと痛みが増しますので、仕事に差し支えます。今は幸いにも、大きな仕事が一段落して休んでおります。

 ただ、2か月後にまた大きな仕事が入りますので、それまでに、何とかこの痛みを解消出来ないかと思い長居療法院 なごみに訪問して貰いました。 

病院には行かれましたか?
 当然、行きました。検査の結果は、腰椎ヘルニア。腰椎4番と5番の椎間板が出ているとのことでした。注射を打ってもらい、痛み止めの薬をもらいました。でも、仕事を続けていたせいもあると思いますが、痛みはほとんど取れませんでした。

 最終的に、担当の医者が出した結論は、手術と言うことでした。

 結局、手術しかないのか?痛みは取れないし、このままでは、仕事をやめなければならない。それに、日常生活も思うように過ごせない。
 途方に暮れました。

 手術は賭けみたいなもので、やはりこわいです。脊椎の椎間板の手術なので、相当な覚悟が必要でしょう。後遺症のことなど、うまくいくのかな?と悩みました。

 でも、本当、この痛みが続くなら、手術に踏み切るしかないと思いました。

当院はどのようにして知ったのですか?
 インターネットです。何か手術以外に方法があるのではないかと、必死に捜しました。そうしたら、長居療法院 なごみと無痛ゆらし療法を見つけたのです。

 どんな治療をするのかわからないけれど、手術をする前に一度試してみようかと思いました。医者に言われたから即手術では、あまりに脳がないかなと思いましたので・・。

 全くわからない、無痛ゆらし療法!一度受けてみて、おれで判断しようと決心しました。

 結局、運、頼みでしたね。 
 
初めて施術を受けられてどんな印象でしたか?
 いや、全く頼りない。ただ、触って揺らしているだけ。本当、こんなんで治るのかと・・。くりはら先生ご自身も施術後、言ってましたね。この療法を理解するのは難しいでしょうと。

 施術中、瞬間、騙されたかなと思いました。お金と時間を無駄にした。まあ、これも経験かと自分で慰める心境に一時なりました

 ところが、施術を受けている途中で気が付いたのですが、何も痛みを感じないのです。
 
 最初、施術を受けている間、痛みに歯を食い縛らなくてはならないのかと思ってましたので、その点に関しては少し安心してました。

 それでも、疑問を感じながらも施術を受けていると、だんだんと身体のゆがみが取れて行くような気がして来たのです。それと、何となく痛みが消失して行くような。
 施術中の先生の一言、「無痛ゆらし療法は、元のあるべき位置に、体の機能を戻してあげているだけなのですよ。ズレていたものが正常になるわけですから、痛みが消えるのは当然でしょう。」

 『なるほどな。』と思いました。

 この言葉で無痛ゆらし療法がどういう施術なのか、おおまかにわかったような気がしました。

 医学的にどのような根拠があって、ヘルニアを治すのかと思ってましたので、でも、考えると、医学的にとかそう言う堅苦しい理屈ではなくて、単に、出ている椎間板をゆらして元へ戻しているだけと言うことです。

 これは、最初の印象と変わって、少し続けてみる価値があるかなと思いました。冷静に判断してみれば、最も理にかなっているのではないかと納得。

 ただ、本当に出ている椎間板がゆらすだけで戻るのかと、人間の身体はそんなに単純なのかと言う疑問は多少残りましたが・・。

 施術が終わって、痛みが和らいだような気がしました。身体を左右に捻ったり、曲げたり、反らしたりしましたが、あのズキンとする痛みはなかったです。

 まあ、もう少し続けてみようと、予感めいたものを感じました。それに、他に方法と言えば、手術以外ないのだから、焦って手術して後で後悔するのも嫌でした。

 60歳過ぎて、脊髄にメスなど入れたないですよ。

 帰り際、くりはら先生が確認。
 「後はこの方法を信用してもらうしかありません。お互いの信頼関係ですから。」
 
 なるほど、その通り!

 初めはちょっとと思いましたが、信頼しますよ。
 
 ですから、痛みを取ってね。いや、違う、はみ出している椎間板を、確実に元の場所に戻して下さい。
 そうすれば、以前のように健康な身体に戻れるのだから。

どのくらいのペースで施術を受けましたか?
 週3回ぐらいのペースです。どれぐらいで回復の目途が立つのか、先生に尋ねましたら、2か月ぐらいは見ておいて欲しいと言われました。

 家が堺なので交通費はそこまで掛からないが、治療費がちょっと掛かるかなと思いました。でも手術すれば、もっと費用は掛かるし、第一手術は避けたいです。考えてみれば安いものです。
 
 施術途中、痛みがぶり返したこともありますが、それも、回復して行く過程で可動域が徐々に広くなって行くので、今まで使わなかった筋肉を使うようになるため、痛みが出て来る事があると説明されて安心。

 施術中、いろいろと先生に質問してみましたが、一つ一つが納得のいく説明でした。 
 
 その2か月はくりはら先生に訪問して貰うのが日課でした。これで、腰の痛みから解放されるのかと思うと、本当、施術を受けるのが楽しかったです。

 信頼して良かったです。

現在の状況を教えて下さい?
 今の所、お陰さまで健康な状態に戻っております。痛みもほとんどありません。

 先日は孫の運動会に参加して、一緒に走って来ました。孫は「お爺ちゃん、腰、痛かったのに大丈夫なの?」と気遣ってくれました。
 と言うより、あれだけ痛がっていたのに、お爺ちゃんどうなっちゃったの?と目を白黒させてました。

 「お爺ちゃん元気だろう。」と、思わず威張ってしまいました。

 近々、大きな仕事があります。お陰さまで、復帰出来そうです。

 ありがたいことです。くりはら先生と無痛ゆらし療法に感謝です。

この症状でお悩みの方に一言
 腰椎ヘルニアと診断されて、手術かどうか悩んでいる方がたくさんいらっしゃると思います。

 その時は、迷わず無痛ゆらし療法を受けてみて下さい。長居療法院 なごみのホームページの患者さんの声で、何人かの方々が、ご自身の施術体験談を書かれてます。皆さんが書かれていることは間違いないと思います。わたしが、しっかりと体験し、痛みを取ってもらいました。
 ですから、わたしが、くりはら先生から、患者さんの声として、ホームページに掲載したいので、写真を撮らせて欲しいと要望があった時、即座にOKしたのです。

 わたしは、さくらではありませんよ。

 わたしも、患者さんの声の体験談を読んで、腰椎ヘルニアの施術を受けようと決心したのです。患者さんの声に陳述されていることは、ほとんど事実ですね。最初は、半信半疑に思えるかもしれませんが、大丈夫です。
 
 それと、1回では完全に痛みは取れません。当然のことですよね。結論は信頼することです。ただ、わたしが最初受けてみて思ったことですが、施術が頼りなく感じることです。
すると、どうしても、こんな施術で効果が出るのかと、疑念が生じることなのです。そんな疑問はすぐに捨て去ることです。ソフトな手法だからこそ、筋肉に余計な刺激を与えずに、身体の器官のズレはあるべき場所に戻って行くのです。

 真理はただ一つ、正しい位置に戻れば身体の異常事態は無くなり、自然と治癒力と共に痛みは消失して行くのです。
 
もちろん、病院で診てもらうことは重要です。
手術もしなければならない時はしなけれなばなりません。
でも、こういう療法もあるのだという事を知って欲しいですね。
ヘルニアでおこまりの方は、無痛ゆらし療法を試してみて下さい。 


 
院長より一言
  田中さん痛みが取れて良かったですね。わたしも一安心。本当、約2カ月、2日に1日の周期で施術を受けてくれました。出費も大変だったと思いますが、無痛ゆらし療法とわたしを最後まで信用してくれたのが、第一です。

  治療はお互いの信頼関係ですからね。

  田中さん、まだまだお若い、腰の痛みが取れましたから、お仕事これからも頑張って下さい。