無痛ゆらし療法とは

無痛ゆらし療法

HOME > 無痛ゆらし療法:無痛ゆらし療法とは

無痛ゆらし療法のカテゴリーを選んでください。

PST(無痛ゆらし療法)で施術します

『無痛ゆらし療法(PST療法)』とは従来の整体などとは異なり、機械や器具を使わず手技だけで行う自然療法です。身体は強い刺激に対して筋肉を固めて防御するという本能があります。コリや痛みを取るために、叩いたり、揉んだりしても、この本能のために効果的にコリや痛みを取ることはできません。

自律神経(脳の働き)と筋肉の特性を最大限に利用して、悪い部分をそっと身体に教えてあげて、人間が本来持っている自然治癒能力を引き出す無理のない療法です。強い刺激をあたえず、『筋肉の緊張を解きほぐすこと』でコリや痛みを解消したり、骨格を整えます。
また神経圧迫を解除することにより血流が良くなり、内臓機能も高まります。更に新陳代謝が良くなることにより、多種多様な症状に良い効果を与えられる療法です。

PST(無痛ゆらし療法)は脳の学習の促進

この療法は脳に対する繰り返しの学習です。ゆがんだ身体を脳が覚えているため、ゆがみを正しても元に戻ることがあります。繰り返しゆがみを正すことで、脳が正常な状態を学習して行きます。そして、人間が本来持っている、自然治癒力を高めて行くのです。

【自然治癒力とは?】
・外敵(ウイルス、細菌など)からの免疫機能
・損傷した組織を修復したり、古くなった細胞を新しくする自己再生機能
・恒常性機能、生物の持つ重要な性質のひとつで、生体の状態が一定に保たれている性質、あるいはその状態を示します。

無痛ゆらし療法(PST)は良くなりたいという身体のサインを感じ取り、ほんのちょっと自然治癒力を高めるのを手助けする方法です。治すのは本当は自分自身です。

身体のどこかが痛んでいるといやですね。そんな方、おまかせください。
無痛ゆらし療法を(PST)を一度ためしてください。
小さいお子様からお年寄りまで安心して受けられます。

痛みは日常生活の生活習慣の中に隠れている。

そもそも痛みとは、何か予期せぬ別の力が加わった時に生じますが、何もしなくても痛みが出ることがあります。

人間は仕事やスポーツなどで身体を無理に使ったり、長時間同じ姿勢を取らなければなりません。自然と重力と対抗してしまうことになります。どうしても、重力に対して筋肉は疲労し消耗します。それが長年続くと、筋肉の捻じれ、歪みとなり、ついに痛みとなって出現するのです。すなわち、痛みは日々の生活の中に隠れていることが多いのです。それなら、重力に出来る限り逆らわなければ良いのです。正しい姿勢をするだけで、ちょっと動作を変えるだけで、同じ姿勢の合間にストレッチを入れて筋肉を伸ばすだけで、痛みが改善するのです。それが自然の流れなのです。原因が生活習慣によるものであれば、その改善のためにアドバイスを行い、具体的で効果のある解決方法を指導して行きます。そのため問診時には、必ず仕事の内容や、趣味などを聞き、痛みのアドバイスの参考にさせてもらってます。

前のページに戻る
ご予約・お問い合わせ